特集


逃走容疑者、香川でも万引きか=指紋照合も一致せず

2018-10-12 12:22

大阪府警富田林署から逃げ、加重逃走容疑で再逮捕された樋田淳也容疑者(30)が逃走中の8月下旬、香川県内の電器店で万引きをしていた疑いのあることが12日、同県警などへの取材で分かった。県警は現場から指紋を採取したが、状態が悪く樋田容疑者のものと判別できなかったという。
県警などによると、8月28日に香川県東かがわ市の家電量販店で、電気ひげそり1台(1万5000円相当)が盗まれているのが見つかった。県警は防犯カメラ映像や現場に残っていた空き箱の指紋などを捜査。しかし、容姿が手配写真と違い、指紋の状態が悪くデータベースの自動照合でもヒットしなかったため、樋田容疑者は浮上しなかった。
樋田容疑者が山口県内で身柄を確保された後、四国各県を自転車で回っていたことが分かり、香川県警は今月9日に改めて指紋を目視で照合。特徴が同容疑者のものと一致したという。
[時事通信社]

その他 特集記事