特集


北海道地震

技術検証委の限界も=電源一極集中の是非、国に委ねる―北海道停電

2018-10-09 21:06

北海道地震後の大規模停電(ブラックアウト)について技術的検証を進めている電力広域的運営推進機関第三者委員会の横山明彦委員長(東京大大学院教授)は9日の記者会見で、国内初のブラックアウトの原因となった北海道電力の苫東厚真火力発電所(厚真町)への電源一極集中の是非について、委員会としては結論を出さない方針を明らかにした。
横山氏は同日の第2回会合後に会見し、一極集中の是非は第三者委ではなく「国の審議会などで議論される」と述べた。
地震発生時の北海道の電力需要の約半分を賄っていた苫東厚真は、震源の近くにあり、3基全てが停止。この影響で電力需給のバランスが崩れ、道内全域にわたる大規模停電を招いた。
横山氏は電源喪失後の北海道電力の対応について「ルールに照らして問題はなかった」と指摘。一方で、非常時に備えた電源分散などの対策に関しては、電気料金への影響など経済性も考慮する必要があり、技術的検証を目的とする第三者委の議論にはそぐわないとの認識を示した。
[時事通信社]

その他 特集記事