特集


「日本の台所」継承へ=豊洲新市場がオープン―築地は解体着手

2018-10-11 17:14

東京・築地市場に代わる豊洲市場(江東区)が11日開場し、初競りが行われた。土壌汚染問題への対応で、予定より2年遅れのオープンに。最新設備を導入した新市場が、「日本の台所」として親しまれた築地の歴史と伝統を引き継ぎつつ、さらなる発展を遂げられるかが問われる。閉場した築地市場では午後から解体作業に入った。
初日は生マグロと冷凍マグロ計1733本が入荷し、午前5時半、競りが始まった。ご祝儀相場となったのは北海道産のウニで、1箱(約400グラム)20万円の最高値が付いた。
取引前には、三本締めと拍手で新市場の幕開けを祝った。水産物業界の代表は「やがては築地を上回る豊洲のブランドを構築し、次の100年につながる市場とすべく、一丸となってまい進しよう」と呼び掛けた。
市場には小池百合子都知事も駆け付け、「まさに新市場に魂が入れられる。これまで培われてきた築地での技、目利きの力を豊洲市場に移してほしい」と訴えた。
同日は、市場周辺の渋滞でトラックが遅れたり、勝手の違う施設で荷物がスムーズに運べなかったりなど一部混乱も見られた。
[時事通信社]

その他 特集記事