特集


貿易問題、協調探る=G20財務相会議、閉幕

2018-10-12 13:40

【ヌサドゥア(インドネシア)時事】インドネシアのバリ島で開かれている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は12日(日本時間同)、2日目の討議を行い、閉幕した。米中貿易摩擦の激化や新興国の通貨安が世界経済のリスク要因となる中、世界同時株安が発生。参加各国は貿易戦争などへの対応で協調を探った。
閉幕後、議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相が記者会見し、内容を説明する。共同声明は出されない見通し。
米国は貿易問題で自国第一主義の強硬姿勢を崩しておらず、米中間で追加関税の応酬になっている。初日の討議では、参加国のほとんどから深刻化する米中貿易摩擦への懸念が示されたという。
[時事通信社]

その他 特集記事