特集


「次の長崎つくらない」=グテレス国連事務総長が会見―長崎原爆忌

2018-08-09 11:51

来日中のグテレス国連事務総長は9日午前、長崎市の平和祈念式典への出席に先立ち、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で記者会見した。グテレス氏は「次の長崎を決してつくらないように、私たちはできることを全て行う」と語った。
グテレス氏は長崎原爆資料館も見学。会見で、「被害に遭った人の苦しみを思うとき、深い悲しみを覚える」と感想を述べた。その上で「核軍縮は人間にとって非常に重要な課題だと再確認した」と強調した。
国連で昨年採択された核兵器禁止条約については、「国連としても全面的に支持する。その発効を望んでいる」と語った。被爆国の日本が条約に署名しないことについての見解を問われると、「日本はこれまで核不拡散でいろいろイニシアチブを取ったことも認識している。軍縮の別の側面からの日本の貢献があった」と話した。
[時事通信社]

その他 特集記事