特集


日本列島猛暑

続く猛暑、岐阜で38.7度=東海、九州晴れる―気象庁

2018-08-09 18:26

日本列島は9日、東海や九州を中心に晴れ間が広がり、各地で最高気温が35度以上の猛暑日となった。気象庁によると、岐阜県下呂市の「金山」観測点と同県郡上市で38.7度を観測。名古屋市でも38.2度を記録した。
昼ごろまで晴れた秋田県でも五城目町で36.7度を観測し、統計を取り始めた1976年以降、最高記録を更新した。ほかに最高気温が高かったのは浜松市天竜区で37.3度、熊本市で36.9度、甲府市で36.6度。
10日の最高気温は名古屋市や佐賀市で37度、岐阜市で36度と予想される。気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部、沖縄の各地方に高温注意情報を発表し、熱中症に警戒を呼び掛けた。
[時事通信社]

その他 特集記事