特集


大手百貨店、全4社減収=西日本豪雨や台風が影響―7月の既存店売上高

2018-08-01 18:02

大手百貨店4社が1日発表した7月の既存店売上高は、全社が前年同月実績を下回った。訪日外国人の免税品売上高は引き続き好調だったが、西日本豪雨や月末に発生した台風の影響で客足が鈍った。
J・フロントリテイリングと三越伊勢丹ホールディングスはともに4.6%減。そごう・西武は4.2%、高島屋は3.6%の減収。三越伊勢丹は夏のセールを例年の7月中旬から6月下旬に前倒ししたことも響いた。
[時事通信社]

その他 特集記事