特集


女子単決勝はS・ウィリアムズ―ケルバー=ウィンブルドンテニス

2018-07-12 22:28

【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第10日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルスは、2年ぶり8度目の優勝を狙う第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と、初優勝を目指す第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が14日の決勝に進んだ。2016年の決勝と同じ顔合わせとなった。
S・ウィリアムズは第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6―2、6―4で退け、ケルバーは第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6―3、6―3で下した。
[時事通信社]

その他 特集記事