特集


タイ少年ら13人全員救出=洞窟閉じ込めから18日目

2018-07-10 22:11

【チェンライ(タイ北部)時事】タイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められた少年ら13人の救出で、救助当局は洞窟に最後まで残っていた少年4人と男性コーチ(25)が10日、助け出されたと発表した。一人ずつ洞窟の入り口にたどり着き、最後の1人はコーチだった。他の少年8人は9日までに救助されている。世界が固唾をのんで行方を見守った少年らの救出作業は、消息を絶ってから18日目に全員の生還で完了した。
10日は午前10時(日本時間正午)すぎに救助作業を始め、午後3時(同5時)ごろに1人目が洞窟の外に姿を現した。救助責任者を務めるチェンライ県のナロンサク知事は「不可能な任務を可能にした」と宣言した。少年らに洞窟内の待避場所で付き添った海軍特殊部隊の医師と他の隊員3人も脱出した。
知事は「タイでも世界でも同様の出来事が起きてはならない」と強調。「遭難後に撮影された何百万枚もの写真をなくさず、教訓としなければならない」と語った。
少年らが洞窟入り口に到達するには潜水しなければならない場所があり、少年らは潜水訓練を受けて救出に備えた。少年には潜水士2人が同行して支援。濁った水の中を通り抜ける難しい作業で、狭い場所は潜水士が少年の空気ボンベを抱えて通り抜けたとみられる。
11〜16歳の少年12人とコーチは6月23日、洞窟に入り、大雨に伴って流れ込んだ水により、外に出られなくなった。世界中から集まった洞窟救助の専門家や潜水士が捜索に当たり、今月2日に発見。救助当局が救出に取り組み、8日と9日に少年4人ずつを助け出していた。
[時事通信社]

その他 特集記事