特集


新幹線殺傷事件

社会恨み、殺人願望「昔から」=小島容疑者供述―新幹線3人殺傷

2018-06-13 19:14

東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)が神奈川県警の調べに、「社会を恨んでいる。人を殺す願望が昔からあった」などと供述していることが13日、分かった。県警は小島容疑者が無差別襲撃を計画していた可能性があるとみて捜査している。
県警によると、小島容疑者は以前から人を殺害する願望があったと説明。事件を起こした新幹線に乗った理由については「特に理由はない。(行き先は)どこでもよかった」と供述しているという。
県警は同日、愛知県岡崎市の小島容疑者の自宅を家宅捜索。日記が書かれたノートなど数点を押収した。今後、押収物を分析し、詳しい動機などの解明を進める。
[時事通信社]

その他 特集記事