特集


フェアプレー徹底を指示=アメフット協会

2018-06-17 19:23

日本アメリカンフットボール協会は17日、東京都内で社員総会を開き、日本大の悪質タックル問題を受けて再発防止へ向けたフェアプレー推進委員会を設置したことを報告した。加盟する大学、社会人の団体や地方協会・連盟に対し、フェアプレー推進の取り組みを徹底するよう求めた。
国吉誠会長は総会後に、「こういう行為が今後起きないよう、指導者の問題と暴力行為の根絶に力を入れていく。全国の各加盟団体でそれぞれ徹底し、フォローしてもらいたい」と話した。
社員総会では、初の女性理事として女子バレーボール元米国代表で日本スポーツ協会常務理事のヨーコ・ゼッターランドさんの就任を承認した。定款を変更して理事枠を二つ増やし、今後さらに女性理事を1人追加する方針。
[時事通信社]

その他 特集記事