特集


悪質タックル問題の被害選手父、調査に疑問=日大第三者委の聞き取りで

2018-06-11 12:06

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、被害を受けた関西学院大の選手の父親、奥野康俊氏は11日までに、日本大が設置した第三者委員会の聞き取りに応じたことを自身のフェイスブックで明らかにし、調査の中立性に疑問を呈した。
聞き取りは10日に3時間半にわたり行われた。奥野氏が第三者委の弁護士に日大との利害関係の有無を尋ねたところ、「ない」と答えたが、「今回の調査で日大からお金をもらっているのか」という質問には「はい」と返答があったという。
奥野氏は「果たして、これで利害関係がないと言えるのか。明らかに、嘘だ。と私は感じた」と記し、「事実を確認するだけで、真相究明する気は全くない」などと不信感をあらわにした。
日大は問題の調査や再発防止策をまとめるために第三者委を設置。弁護士7人で構成され、7月下旬に調査結果を報告する予定。
[時事通信社]

その他 特集記事