特集


「野球くじ」導入は先送り=助成金で折り合えず

2018-06-06 21:48

超党派のスポーツ議員連盟幹事長の遠藤利明元五輪相は6日、東京都内で取材に応じ、スポーツ振興くじの対象にプロ野球を加えることについて、結論を先送りする考えを明らかにした。日本野球機構(NPB)が売り上げにかかわらず一定額の助成金を求めたことなどから、折り合いがつかなかった。
スポーツ議連は現在サッカーだけとなっているくじの対象競技の拡大を目指しており、バスケットボールのBリーグなどについても検討。東京五輪前の2020年春までに対象の競技を追加したい考えだという。
[時事通信社]

その他 特集記事