特集


パレスチナ、駐米代表召還

2018-05-16 06:01

【ガザ市時事】パレスチナ自治政府のアッバス議長は15日、ゾムロット駐米代表(大使に相当)を召還した。米国が14日、在イスラエル大使館をテルアビブからエルサレムに移転したことに抗議するためで、トランプ大統領による昨年暮れの「エルサレム首都」宣言以来、悪化している米パレスチナ関係は一層の冷え込みを迎えることになりそうだ。
[時事通信社]

その他 特集記事