特集


アルカイダ指導者、対米テロ呼び掛け

2018-05-14 15:35

【ワシントンAFP=時事】国際テロ組織アルカイダ指導者のザワヒリ容疑者は13日、米国による在イスラエル大使館のエルサレム移転に合わせて声明を出し、対米テロを呼び掛けた。トランプ大統領について「十字軍が本性を現した」と非難した。
米テロ組織監視団体SITEによると、声明は「テルアビブもイスラム教徒の土地だ」と題された5分間の動画にまとめられている。ザワヒリ容疑者は「パレスチナの売国奴たち」と呼んでパレスチナ自治政府も非難。パレスチナ人に武器を手に取るよう促し「ジハード(聖戦)を通じた抵抗だけが有効だ」と主張した。
[時事通信社]

その他 特集記事