特集


自宅手前数百メートルで被害か=新潟小2女児殺害―県警

2018-05-09 04:33

新潟市西区の線路内で小学2年大桃珠生ちゃん(7)の遺体が見つかった事件で、珠生ちゃんは下校中に友達と別れた後、自宅までの数百メートルの間で被害に遭った可能性の高いことが9日、捜査関係者らへの取材で分かった。新潟県警新潟西署捜査本部は不審な人物の目撃情報がないかなど、事件当時の詳しい状況を調べている。
捜査本部や学校側によると、学校は7日午後3時ごろに終わり、珠生ちゃんは同15分ごろまでに教室を出た。複数の友人と一緒に下校し、自宅近くの踏切手前で友人と別れたという。
踏切から自宅までは数百メートルで、子どもでも数分の距離。自宅には戻っていないことから、珠生ちゃんはこの間にどこかに連れ去られたとみられる。
[時事通信社]

その他 特集記事