特集


小2女児殺害し線路放置=死因は窒息、はねられ発見―新潟県警

2018-05-08 21:09

7日午後10時半ごろ、新潟市西区のJR越後線の線路内で、小学校低学年とみられる女児が電車にはねられ、その場で死亡が確認された。新潟県警は8日、現場や遺体の状況から、殺害された後に線路に放置されたと断定、殺人・死体遺棄事件として新潟西署に捜査本部を設置した。
捜査本部によると、女児は近くに住む小学2年大桃珠生ちゃん(7)と判明。母親が7日午後5時ごろ、「娘が帰ってこない」と新潟西署に通報していた。
運転士が線路に横たわっている珠生ちゃんを発見し、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。遺体を司法解剖して調べたところ、死因は窒息死で、はねられる前に既に死亡していたことが分かった。
電車は単線で、10分ほど前に別の電車が通過した際には異常は確認されなかった。捜査本部は別の場所で殺害され、この約10分に遺棄されたとみている。
珠生ちゃんは7日午後3時すぎに友人と下校する姿が目撃されている。友人とは学校から帰る途中にある踏切の手前で別れ、その後自宅には戻らなかった。
発見された際、服装は登校時と同じだった。現場近くで珠生ちゃんの茶色っぽいランドセルが見つかった。履いていたスニーカーもあった。
[時事通信社]

その他 特集記事