特集


線路で女児死亡、事件可能性も=電車はねられ―新潟県警

2018-05-08 13:17

7日午後10時半ごろ、新潟市西区のJR越後線の線路内で、小学校低学年とみられる女児が電車にはねられ、その場で死亡が確認された。新潟県警は現場や遺体の状況から、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、身元の確認を進めるとともに司法解剖して死因などを詳しく調べている。
県警新潟西署などによると、運転士が線路に横たわっている女児を発見し、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。遺体を調べたところ、はねられる前に既に死亡していた疑いがあるという。
現場近くでは、茶色っぽいランドセルが見つかった。同署には同日午後5時ごろ、小学2年の女児(7)の母親から「娘が帰ってこない」と通報があり、死亡したのはこの女児の可能性もあるとみて調べている。
[時事通信社]

その他 特集記事