特集


OPCW調査団、あす現場に=シリア化学兵器疑惑―ロシア高官

2018-04-17 06:44

【ブリュッセル時事】AFP通信によると、ロシア政府高官は16日、オランダ・ハーグのロシア大使館で記者団に対し、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団が18日に、化学兵器が使用された疑いのあるシリアの首都ダマスカス近郊の現場に到着するとの見通しを明らかにした。
OPCWのウズムジュ事務局長は16日の執行理事会で、調査団はダマスカスに入ったものの、シリアとロシアが「安全上の理由」から使用現場とされる東グータのドゥーマへの立ち入りを認めていないと説明していた。
[時事通信社]

その他 特集記事