特集


米中貿易摩擦に強い懸念=世界経済、不確実性増す―IMF専務理事

2018-04-11 14:49

【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、香港で講演し、「貿易面で喫緊の課題が浮上し、世界経済の不確実性が著しく高まっている」と、米国と中国の間で深刻化する貿易摩擦に強い懸念を示した。今月開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議などの国際会議に先立ち、IMFの問題意識を改めて明確にした。
[時事通信社]

その他 特集記事