特集


仮想通貨新団体、月内にも設立=「自主規制」認定目指す―交換業者

2018-03-01 20:17

ビットフライヤー(東京)など仮想通貨交換業者16社は1日、東京都内で会合を開き、月内にも新団体を設立することを決めた。新団体は、改正資金決済法に基づき政府から自主規制団体の認定取得を目指す。大手のコインチェック(東京)で起きた仮想通貨の巨額流出問題を踏まえ、システムの安全対策、顧客と自社の資産分別管理の具体策など自主規制ルールを策定する。
新団体は、金融庁に登録を済ませた交換業者16社で組織。登録申請中の業者も順次加盟を受け付ける。会長に奥山泰全マネーパートナーズ社長、副会長に加納裕三ビットフライヤー社長らが就く方向で調整している。
[時事通信社]

その他 特集記事