特集


「はれのひ」

八王子市民有志、晴れ着姿の成人式プレゼント=「はれのひ」被害者に

2018-02-12 21:58

振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産手続き中)が突然営業を取りやめた問題で、東京都八王子市の市民有志が12日、1月の成人式で晴れ着を着られない被害に遭った新成人を応援しようと、「八王子プレゼント成人式」を開いた。
「新成人に笑顔を届けたい」と、市内の呉服店の西室真希さんが企画し、市が後援した。実行委員会によると、全国から254万円余の協賛金が集まった。
1月に行われた市の成人式と同じ会場の「オリンパスホール八王子」で開催し、新成人10人とその家族・友人が参加。用意された晴れ着をボランティアが着付け、ヘアメークをした。記念撮影の写真は後日進呈される。
式典終了後、取材に応じた女子大学生(20)は「感謝している。楽しかった」と喜ぶ一方、はれのひに対し、「怒りとともに悔しい」と語った。別の女子学生(20)は「着物を選べて晴れやかな気持ちで式に臨めた。責任感という言葉が身に染みた一日だった」と話した。
[時事通信社]

その他 特集記事