特集


新共通テスト、英語民間24試験が応募=英検やTOEICなど―大学入試

2017-12-26 18:02

大学入試センターは26日、現行のセンター試験に代えて2020年度に始める「大学入学共通テスト」の英語について、活用する民間試験として応募のあった資格・検定試験を発表した。英検やTOEICなどの全24試験で、実施主体は7団体。センターは参加の要件を満たすか確認し、来年3月末をめどに結果を公表する。
新共通テストの英語は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るため、民間試験を活用する。23年度までは、センターが作成する「読む・聞く」を試すマークシート式試験も併せて実施する。新共通テストを入試に使う国公私立大は民間試験かマーク式試験、あるいは両方を活用できる。国立大は一般入試の全受験生に、両方を課す方針を決めている。
[時事通信社]

その他 特集記事