特集


南北朝鮮対話

米韓演習中止、重ねて要求=「侵略策動に加担するな」―北朝鮮

2018-01-11 12:02

【ソウル時事】11日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は韓国に対し、米国との合同軍事演習の中止を重ねて要求した。米韓は2〜3月に行われる平昌冬季五輪、パラリンピック期間中に合同演習を実施しない方針を表明しているが、北朝鮮はあくまで全面的中止を求める立場を明確にした。
同紙は論評で「南朝鮮(韓国)当局は米国の無謀な侵略戦争策動に加担するのではなく、緊張緩和のため、われわれの誠意ある努力に応えるべきだ」と主張。「南当局が本当に朝鮮半島の緊張緩和や平和を願うなら、同族に反対して外国勢力と共に行うすべての軍事行動を中止しなければならない」と訴えた。
[時事通信社]

その他 特集記事