特集


緊急着陸のオスプレイ、普天間に=大分でエンジン交換―沖縄

2017-09-09 13:28

8月に大分空港(大分県国東市)に緊急着陸した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイが9日午後、同飛行場に帰還した。
同機は8月29日、岩国基地(山口県岩国市)から普天間に向け飛行中、コックピットの警告灯の表示を受け大分空港に緊急着陸した。左右のエンジンを交換し、今月8日に岩国へ移動していた。
防衛省沖縄防衛局によると、9日午前11時10分ごろ岩国を離陸。午後1時15分ごろ、普天間に着陸した。
[時事通信社]

その他 特集記事