特集


東芝

東芝決算開示を批判=「投資家の決定担保せず」―日証協会長

2017-04-19 16:48

日本証券業協会の稲野和利会長は19日の記者会見で、監査法人による結論を「不表明」としたままで東芝が2016年4〜12月期決算を発表したことを強く批判した。稲野会長は、東芝の対応を「極めて異例だ」と指摘。「投資家の意思決定を担保する開示が行われたとは到底言えない」との見解を示した。
東芝の決算短信には、企業としての存続に疑義が生じたことを示す「継続企業の前提に関する注記」が初めて明記された。稲野会長は「投資対象としての東芝への評価は非常に難しい局面に至っている」との認識を表明。「監査法人と調整して正確な決算発表を行うとともに、一刻も早くガバナンス(企業統治)の立て直しを図ってもらいたい」と注文した。
[時事通信社]

その他 特集記事