特集


東芝、事業継続に疑義=初の決算短信記載

2017-04-11 20:00

東芝は11日発表した2016年4〜12月期連結決算短信に、企業としての存続に疑義が生じたことを示す「継続企業の前提に関する注記」を記載した。米原発事業に関する巨額損失の計上で、昨年12月末時点の連結株主資本が約2257億円の債務超過に陥ったため。
この注記は、業績や財務が著しく悪化して事業の先行きが危ぶまれる際に、投資家に注意喚起する目的がある。東芝が記載するのは初めて。
[時事通信社]

その他 特集記事