特集


息子のDNAで確認=正男氏身元―マレーシア副首相

2017-03-16 19:40

【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、マレーシアのザヒド副首相は16日、正男氏の遺体の身元について息子のDNAサンプルを基に確認したと明らかにした。
副首相は「DNAは海外で息子から得られた」と述べたが、具体的な場所や時期は「明らかにできない」と伏せた。正男氏にはハンソル氏以外にも息子がいるとの情報があり、DNAサンプルを提供したのがハンソル氏なのかどうかは不明だ。
一方、マレーシア警察のノール・ラシド・イブラヒム副長官はこの日の記者会見で、正男氏の遺体の取り扱いを家族がマレーシア政府に託したことを明らかにした。ただ、詳細については「現段階ではこれ以上、明かせない」と言及を避けた。
これに関し、ザヒド副首相は「司法当局に(遺体の取り扱いの)助言を求める」と述べた。
[時事通信社]

その他 特集記事