特集


対北朝鮮「日本も役割強化」=米で安倍首相メッセージ紹介―河井補佐官

2017-03-16 06:24

【ワシントン時事】訪米中の河井克行首相補佐官は15日、ワシントンの保守系シンクタンク「ハドソン研究所」で講演し、トランプ政権が進める北朝鮮政策見直しに合わせ、日本も能力と役割を強化していくとする「安倍晋三首相のメッセージ」を紹介した。
河井氏によると、先週、首相と面会した際にメッセージを託された。首相は金正男氏殺害事件などに触れ「北朝鮮は新たな段階の脅威となり、予測可能性がより低くなってきた」と指摘。「米国が北朝鮮政策を見直す上で日本も共に協議していく。そして能力と役割をさらに強化していく」と語ったという。
河井氏は講演で、日本の政局の見通しも説明。「野党内にも自民党内にも現時点で首相の強力なライバルが現れる兆候はない」とした上で、「次期衆院選に勝てば、安倍政権は最大であと4年間、2021年まで続くだろう」と述べた。
[時事通信社]

その他 特集記事