特集


「父は殺された」と声明=金正男氏の息子か―「安全な場所」に移動

2017-03-08 11:45

【ソウル時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の息子ハンソル氏と称する男性が8日までにビデオメッセージを発表し、「私の父親が殺害された」などと語った。動画は投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。本人とすれば、正男氏の殺害事件後、遺族が初めてコメントしたことになる。
動画は約40秒。男性は「私の名前はキム・ハンソル。北朝鮮出身で、金一族の一員だ」と自己紹介し、旅券を提示した。ただ、旅券は黒塗り処理されている。
さらに、男性は「数日前、私の父親が殺された。私は今、母親や妹と一緒にいる」と述べ、支援者に謝意を表した。ただ、身の安全を考慮して、所在は明らかにされていない。
また、ハンソル氏の支援団体とみられる「チョルリマ・シビル・ディフェンス(千里馬民防衛)」と名乗る組織は声明で、正男氏の家族の要請を受け、「安全な場所」に移動させたと明らかにした。
声明はオランダ、中国、米国など4カ国政府が家族の退避を支援したとして、謝意を表明。「要請を拒否した幾つかの政府」には遺憾の意を示した。
[時事通信社]

その他 特集記事