特集


天皇退位

渡部昇一氏が死去=保守派の評論家

2017-04-18 19:02

保守派の評論家として知られた英語学者で、上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都杉並区の自宅で死去した。86歳だった。山形県鶴岡市出身。葬儀は近親者で行う。喪主は妻迪子(みちこ)さん。
上智大大学院修士課程、独ミュンスター大大学院博士課程修了。1971年から上智大教授。旧文部省の臨時教育審議会専門委員などを務めた。著書に「実践・快老生活」「知的生活の方法」など。
天皇退位を検討する政府の有識者会議に専門家として招かれ、退位に反対する立場から意見を述べていた。
[時事通信社]

その他 特集記事