ニュース

一覧へ

ニュース

英軍元兵士を訴追=47年前の北アイルランド住民弾圧で―検察

2019-03-14 21:10

 【ロンドン時事】英検察当局は14日、英領北アイルランドで1972年に起きた「血の日曜日事件」で、カトリック系住民の弾圧に関与したとして英軍の元兵士1人を訴追すると発表した。北アイルランドの帰属をめぐるカトリック系とプロテスタント系の紛争を象徴する同事件は、約半世紀を経て英軍側の責任追及という結果となった。
 事件は北アイルランドのロンドンデリーで発生。公民権を求める住民のデモ行進に英軍兵士が発砲し、14人が死亡した。英政府は当初暴徒の鎮圧だと正当化したが、2010年にキャメロン首相(当時)が「正当ではなく、正当化もできない」と述べ、正式に謝罪した。
 検察当局は住民に発砲した元兵士のうち、1人を殺人などの容疑で訴追すると発表。他の16人の元兵士についても捜査したが、証拠不十分として訴追は見送った。 
[時事通信社]

その他 国際

国際一覧へ

写真特集

ハンサムな顔

メガネドレッサー

アリーナ・ザギトワ

美しい顔


写真特集一覧へ