ニュース

一覧へ

ニュース

広島、しぶとく初勝利=得点力アップに光―ACLサッカー

2019-03-12 22:36

 広島がメルボルン・ビクトリーを突き放し、ACL今季初勝利を挙げた。前半3分、パトリックがドリブルで右サイドを突破してクロス。走り込んだ18歳の東が右足でゴールネットを揺らした。
 後半26分に本田に同点ゴールを許したが、41分に渡が鮮やかなヘディングシュートを決めて勝ち越した。ヒーローとなった渡は「前回(広州恒大戦)はふがいない試合だった。情けなく、怒りがあった」。闘志をみなぎらせ、しぶとく勝ち点3をもぎ取った。
 広州恒大戦に続き、リーグ戦から先発を総入れ替えして臨んだ。「リーグ戦優先のACL軽視」という批判も一部にあるが、城福監督の今後を見据えたチームづくりをしたいという信念を貫いた。「結果が出ないといろんなことを言われる。でも底上げで競争を図り、連勝できるチームにしたいと思っている」
 昨季のJ1は開幕ダッシュに成功しながら、失速して2位に終わった。指揮官は、課題の得点力アップに光をもたらした試合を満足そうに振り返った。 

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

大谷翔平

アリーナ・ザギトワ

羽生結弦

ジュエリードレッサー


写真特集一覧へ