ニュース

一覧へ

ニュース

臨時国会24日に召集=政府・与党、補正早期成立図る

2018-10-11 17:33

 政府・与党は臨時国会を24日に召集する方針を固めた。今年相次いだ大規模災害からの復旧・復興関連費用を盛り込む2018年度補正予算案を提出し、早期の成立を図る。会期は12月上旬までの50日弱で調整している。複数の関係者が11日、明らかにした。
 召集日は衆参両院本会議で安倍晋三首相の所信表明演説を実施。これに対する各党代表質問は首相の中国訪問後の29〜31日に行われる方向だ。その後に補正予算案の審議に移る。訪中は日中平和友好条約発効40周年に合わせたもので、習近平国家主席らとの会談を予定している。
 臨時国会では、外国人労働者の受け入れ拡大に向け新たな在留資格をつくる出入国管理法改正案や、憲法改正に関する論議の行方も焦点。第4次安倍改造内閣発足後、初の論戦の場となり、野党側は12人の初入閣組を中心に閣僚としての資質をただしていく方針だ。 
[時事通信社]

その他 政治

政治一覧へ

写真特集

得点王列伝

福原愛

大谷翔平

メガネドレッサー


写真特集一覧へ