ニュース

一覧へ

ニュース

選考委、部員にヒアリング実施へ=日大アメフット部

2018-07-07 16:11

 日大は7日、アメリカンフットボール部の新監督とコーチを決める選考委員会が、部員からヒアリングを行い、悪質タックル問題を調査している第三者委員会の報告なども参考にして人選すると発表した。
 6日に初めて開かれた選考委で上杉昌隆弁護士が委員長に決定。新監督を決める基準について「選手の自主性・独立性を尊重」「品格や倫理観を浸透させるための具体的な方法論を有している」など4項目を定めた。監督決定後も選考委が一定期間、指導体制をチェックする方針。
 指導者公募には外国人7人を含む69人が集まった。新監督は書類選考と面接を経て、7月中に決める予定。 

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

上野パンダ

美女サポーター

アリーナ・ザギトワ

大谷翔平


写真特集一覧へ