ニュース

一覧へ

ニュース

アメフット部前監督を本部付部長待遇に=日大、内田氏の事務局長職解く

2018-06-11 20:36

 日本大は11日、アメリカンフットボール部前監督の内田正人氏(62)を同日付で、保健体育審議会事務局長兼人事部長から本部付部長待遇とする異動を発表した。
 日大企画広報部は今回の異動を「職務を停止しているための措置」としている。内田氏は悪質タックル問題に絡み、大学職員としては現在最大6カ月の自宅待機扱いとなっている。
 内田氏は5月の試合で日大選手が危険なプレーで関西学院大の選手にけがをさせた問題で、アメフット部監督を辞任。日大の常務理事についても今月1日の理事会で辞任が承認され、日大が出資して事務用機器の販売など大学に関連した事業を行う「株式会社日本大学事業部」の取締役も辞任した。
 関東学生アメフット連盟からは選手に反則行為を指示したとして除名処分を受けた。 

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

上野パンダ

アリーナ・ザギトワ

得点王列伝

眞子さま


写真特集一覧へ