ニュース

一覧へ

ニュース

立憲など原発ゼロ法案を提出=希望、民進同調せず

2018-03-09 11:51

 立憲民主、共産、自由、社民の4党は9日午前、「原発ゼロ基本法案」を衆院に共同提出した。法施行後5年以内を目途に、全原発の廃炉を決定することが柱。立憲は他の野党5党との共同提案を目指したが、希望、民進両党は同調しなかった。
 法案では廃炉時期の目標に加え、運転中の原発の速やかな停止を目指すと明記。原発ゼロ実現には電力会社や立地自治体への影響回避が必要だとして、廃炉を決めた事業者の損失補填(ほてん)や、立地地域での雇用創出などに国が責任を負うことも定めた。 
[時事通信社]

その他 政治

政治一覧へ

写真特集

メガネドレッサー

アリーナ・ザギトワ

福原愛

得点王列伝


写真特集一覧へ