ニュース

一覧へ

ニュース

ベント設備に液状化の恐れ=柏崎刈羽原発、耐震強化へ―東電

2018-03-08 20:17

 東京電力は8日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)で重大事故の際に格納容器内で高まった圧力を逃がす「フィルター付きベント」の基礎部分が地震による液状化で損傷する恐れがあるとして、耐震強化工事を行うことを明らかにした。
 同原発の設楽親所長が定例会見で明かした。設楽所長は「終了時期は見通せないが、全体としての工事量は大きくなるだろう」と述べた。
 東電によると、地震で液状化が起きた場合、ベント設備の基礎を支えるくいが曲がるなど損傷の恐れがある。東電はベントを含む周辺の屋外設備や配管の耐震強化のため、地盤改良による液状化対策を行う。
 原子力規制委員会は昨年12月、柏崎刈羽6、7号機が新規制基準に適合すると認める審査書を正式決定した。 
[時事通信社]

その他 社会

社会一覧へ

写真特集

大谷翔平

米アカデミー賞

藤井聡太

旭化成モデル


写真特集一覧へ