ニュース

一覧へ

ニュース

フィン氏、初の被爆地訪問=ノーベル賞のICAN事務局長―長崎

2018-01-12 19:35

 昨年12月にノーベル平和賞を受賞した国際的なNGOの連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)が12日、長崎市を訪問した。フィン氏の被爆地訪問は初めてで、近く広島市なども訪れる。
 フィン氏は、同日から長崎原爆資料館で始まったICANの平和賞受賞を記念した企画展のオープニングイベントに参加。「核兵器が受け入れられないものという考え方を世界に広めていく。二度と被爆者を作らないために一緒に取り組もう」と訴えた。
 ICANは、昨年7月の核兵器禁止条約の国連での採択を後押しした。フィン氏は企画展のメッセージボードに「全ての国が、特に日本が、禁止条約に参加することを望む。ノーモア・ヒバクシャ」と英文でつづった。 
[時事通信社]

その他 社会

社会一覧へ

写真特集

イバンカさん

東京モーターショー

欅坂46

始球式


写真特集一覧へ