ニュース

一覧へ

スポーツニュース

相撲協会、殴られた付け人から聴取=貴ノ岩の暴力問題で

2018-12-06 20:25

大相撲の幕内貴ノ岩(モンゴル出身、千賀ノ浦部屋)が付け人の弟弟子に暴力を振るった問題を受け、日本相撲協会は6日、危機管理委員長の高野利雄外部理事らが東京・両国国技館で付け人から事情聴取した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が明らかにした。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は同席しなかった。
師匠によると、付け人への聴取は約1時間。その後に取材に応じた付け人は、貴ノ岩の説明に食い違いがあるかを問われ「全部一緒です」と話した。貴ノ岩は5日に協会の聴取を受け、4日夜に冬巡業先の福岡県内の宿舎で弟弟子の頬などを平手や拳で4、5回殴ったことを認めていた。
問題発覚から一夜明けた6日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋では報道陣に非公開で朝稽古が行われ、夕方には貴ノ岩が無言で部屋に入った。師匠は今後、部屋で謹慎させるとし「情けない。まさかこういう形になると思わなかった。残念の言葉しか出てこない。本当に申し訳ない」と謝罪した。
相撲協会は当事者2人の聞き取り調査を基に貴ノ岩への懲戒処分を検討する。芝田山広報部長は「迅速に対応していく」と述べた。

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ

写真特集

熱演エアギター

メガネドレッサー

イバンカさん

大谷翔平


写真特集一覧へ