ニュース

一覧へ

政治ニュース

駐屯地相互訪問へ協議=防衛省と在日米軍が専門家会合

2018-11-08 20:32

防衛省と在日米軍司令部は8日、ヘリコプターや輸送機オスプレイの整備に携わる専門家による初会合を東京都内で開いた。双方の定期整備手順の確認や専門家による相互の駐屯地訪問などの実現に向け、協議に入ることで一致した。自衛隊の知見を生かし、事故防止につなげる狙いがある。
会合は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターによる不時着事故が1月に相次いだことを受けたもの。当時の小野寺五典防衛相はヘリ整備の状況を確認するため、同飛行場への自衛官派遣を求めていたが、米側は受け入れていない。
[時事通信社]

その他 政治

政治一覧へ

写真特集

熱演エアギター

得点王列伝

アリーナ・ザギトワ

上野パンダ


写真特集一覧へ