ニュース

一覧へ

政治ニュース

皇位継承で来春10連休=式典委設置、準備加速―立皇嗣の礼20年4月19日

2018-10-12 17:40

政府は12日、来春の皇位継承に伴う一連の儀式を統括する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)を設置し、初会合を開いた。首相は、皇太子さまが即位される2019年5月1日を1年限りの祝日にすると表明した。祝日法の規定により、来年4月27日から5月6日まで10連休となる。政府は20年4月まで続く各種式典の円滑な実施に向けた準備を急ぐ。
首相は、新天皇即位を公に知らせる「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日も、同年に限り祝日とする方針を示した。政府は臨時国会に関連法案を提出。成立すれば祝日に挟まれる来年4月30日と同5月2日が休日となり、10連休となる。
初会合では、新天皇の弟となる秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となったことを広く国民に示す儀式「立皇嗣の礼」を20年4月19日に行うことを決めた。
[時事通信社]

その他 政治

政治一覧へ

写真特集

熱演エアギター

得点王列伝

眞子さま

上野パンダ


写真特集一覧へ