ニュース

一覧へ

政治ニュース

安倍首相「年内の日ロ会談重要」=プーチン大統領提案、意欲の表れ

2018-09-14 21:12

安倍晋三首相は14日の日本記者クラブ主催の討論会で、ロシアのプーチン大統領が北方領土交渉を後回しにし、日ロ平和条約を年内に締結するよう提案したことについて「平和条約が必要だという意欲が示されたのは間違いない。11、12月の首脳会談が重要になっていく」と述べた。
11〜12月には20カ国・地域(G20)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)などの首脳会議が予定されている。首相の発言は、こうした機会に合わせて日ロ首脳会談を行い、交渉を前進させることに意欲を示したものだ。
首相は提案に関し、「さまざまな言葉からサインを受け取らなければならない。とにかく平和条約をちゃんとやろうと言ったことは事実だ」と重ねて強調。プーチン氏の発言に対し、即座に反論しなかったことについては「日本の立場は、あの発言の前も後もちゃんと述べ、プーチン氏の反応もある」と説明した。ただ、具体的なやりとりは明らかにしなかった。
首相は14日夜、和歌山市内の会合で「まずは領土問題を解決し、そして平和条約を締結する。そのために培った(首脳間の)信頼関係の上に交渉を着実に前に進めていく決意だ」と述べ、政府方針を堅持する考えを強調した。
[時事通信社]

その他 政治

政治一覧へ

写真特集

得点王列伝

イバンカさん

眞子さま

アリーナ・ザギトワ


写真特集一覧へ